2019.03.11  Muのつれづれ
MuのBIOTOP 「春がやってきた」

なぜ植物は春がわかるのでしょうね

いつもより暖かめの3月とはいえ

夜明けの頃はまだ氷点下の日だってあるのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩秋の晴れた日

花壇にたくさんの球根を植えました

 

それから長い冬を経て…

休日の昨日ふとのぞくと

その球根たちは並んで芽を出していました

 

それなのに

何の球根を植えたのか?すっかり忘れてしまっています

チューリップには違いない

はて?どんな娘だったか…?

 

水を欲しそうにジッと静かにならんでいる彼女らに

せっせと水やり

そんな季節の始まりです

 

 

 

そして今日は朝から雨

この時期に降る雨を

「養花雨(ヨウカウ)」と言うそうです

 

朝からシトシト雨降り

雨は樹木や花にしっとりと養分を与えることから

「養花雨」

この雨が街路樹や花壇の球根に

命の水となって染み渡るのですね

 

 

 

 

 

 

 

そしてお店のエントランス

鉢植えの葉牡丹は冬の役目を終えました

土の中からは立派な芽が…

 

こちらの球根は忘れていません!

「アンジェリケ」

八重咲きのピンクグラデーションチューリップ

開いた花びらも美しいお姫様のようないでたち…

その少し大きめの球根を

大事に隠して植えたんです

 

春が来ています♪♪

寒い冬を耐えに耐えて乗り越えた

健気なアンティークカラーのビオラたち

これからは伸び伸びと咲いていいのですよ〜

 

一方で

葉牡丹を抜いた部分に植える

パンジーも欲しくなってきました

 

花を思うといてもたってもいられなくなる季節が

始まろうとしているのです

 

さ、さ、

冬の間縮こまったカラダを

少しずつ解放して

春をたのしむ準備をしなければなりませんね

 

お天気の良い日を見計らって

春のガーデニングを始めましょう

 

 

 

 

pagetop