2016.02.04  Muのつれづれ
ウールコートのお手入れ その2

はっきり言いまして わたし

カシミヤコートをクリーニングに出しません!

 

というのもクリーニングを数重ねるほど

生地を傷めてしまうからです

もちろん袖口の”よごれ”や

裾の”どろはね”など

自分では落とし難いよごれがある場合は別として

基本はブラッシングのみが毎年の手入れ方法です

 

ウールなどのコートに付くよごれのほとんどは

”ホコリ” などの大気中のよごれです

直接肌に触れさせるものでもないので

皮脂よごれは考えにくいですし

食べ物のよごれもめったにありません

ですからブラッシングしておくことで

大抵のよごれは落とせるはずです

 

ウール系の風合いを長く保つためにも

熱心にクリーニングすることは

あまりオススメできません

豚毛などの洋服用のブラシが一番使い易いです

 

ただ食べ物のよごれがある場合や

衿が直接コートに触れるコーディネートが多い方は

きれいに落としておいたほうがいいですね

虫はみごとにそのスポットを見つけてくるものですから…

 

大切なウールやカシミヤのコートですから

空気の入れ替わる場所

しかも陽の光の入ることのない

比較的乾燥した場所で保管し

来シーズンまで大切に保管しておきたいですね

 

 

 

pagetop